青山 蔦珈琲店でクロックムッシュとケーキを

店構え

店名のまんま、店構えは蔦だらけです。店の名前の由来はこの店構えからとしか考えられません。近くなので、昼夜の蔦珈琲店、そして、冬の蔦の枯れている状態を掲載します。

この蔦珈琲店は、京都タワーなどの設計をした建築家山田守の自邸です。建築家が手掛けた喫茶店はここでも以前に紹介した四谷のロンがありますが、この蔦珈琲店は山田守が自邸として設計した建物に喫茶店がテナントとして入ったので喫茶店として設計した四谷のロンとは成り立ちがちょっと違います。

山田守設計蔦珈琲店

冬はこんな感じでちょっと寂しい蔦珈琲店の店頭です。

この入り口は自邸として設計した時にはなかった動線で、テナントが入る時に作ったエントランスです。▼

山田守設計蔦珈琲店


店内

木漏れ日が眩しいガラス張りの店内です。

このスペースは自邸の時はサンルームだったのかな?とお思いでしょうが、違います。ここは元々ピロティだった場所で、半屋外でした。

山田守の死後、テナントに貸すためにガラスをはめて室内スペースにリノベーションした場所です。▼

山田守設計蔦珈琲店 店内

夜の蔦珈琲店の店内の様子です。

山田守設計蔦珈琲店 店内

丸い鏡に映る庭の緑の美しいこと!▼

山田守設計蔦珈琲店 店内

ここは表参道?と疑ってしまうくらい静かな時間が流れています。

最近は週末になると遠方からわざわざ訪問するお客さんが増えてきて、外に行列ができていることもあるので、以前とは雰囲気がちょっと変わってきたのかもしれません。

山田守設計蔦珈琲店 店内

メニュー

シンプルな喫茶店メニューです。

ケーキは店内の黒板に書いてあります。▼

山田守設計蔦珈琲店 メニュー



オーダー

これはお昼時に訪問した時の記録です。

カレーは欧風カレー。ルーがきれいに三日月型です。福神漬けは別皿で出て来ます。

山田守設計蔦珈琲店 カレーライスセット

こちらはクロックムッシュセットです。

山盛りのクレソンサラダが憂しいですね。クレソンの下に隠れているのはヤクルトです。これまた嬉しい!

カレーもクロックムッシュもコーヒーがつきます。▼

山田守設計蔦珈琲店 クロックムッシュセット

これはレアチーズケーキです。▼

山田守設計蔦珈琲店 レアチーズケーキ


ポイント

山田守は、戦前は逓信省に在籍し、数多くの電信・電話局を設計しました。ル・コルビュジエらの近代建築運動にも影響を受け、戦後独立後は主に学校や病院などの公共施設の設計で、日本のモダニズム建築を牽引した建築家の1人です。

誰もが知ってる山田守建築としては1964年竣工の京都タワー以外に日本武道館があります。

この蔦珈琲店がある山田守自邸は山田が65歳の時に建てたもので、亡くなる72歳までの7年間を過ごしました。山田守設計の自邸の一部で、彼も眺めたであろう庭を眺めながらいただく珈琲は最高の味です。

立地

表参道駅から近い青学沿いに通るアイビー通り沿いに建っています。今でも静かな場所ですが、竣工当時はもっと静かな住宅地だったでしょう。

蔦珈琲店

港区南青山5丁目11−20 MAP

10:00-20:00(土日祝12:00-)月休

コメントを残す