上野 純喫茶 丘 でレアチーズケーキとウィンナコーヒーを

上野の「高級純喫茶古城」その1、その2、と「珈琲王城」に続きまして上野の喫茶店は「丘」です。

店構え

店は地下にありますが、入り口はビルの角に位置ししています。

その入り口からかなりの昭和レトロ満載です。まず大きなおそらく濃いめのバイオレットであっただろう「OKA」の文字。現在はすっかり色あせてくすんだ色になってしまっています。

しかし、大文字なのに小さめのKとAとのバランスといい、レイアウトといい、最高です。この文字だけでノックアウトです。

下にある看板の丘は漢字でなぜかミントグリーンです。絶妙な色彩感覚が昭和レトロです。▼

上野 純喫茶 丘

ブリックのようですが、ランダムな石張りです。

これ結構お高めなしつらえなのが昭和の喫茶店らしいです。

こちらは古城の創業の翌年1964年です。この頃は贅沢な内装の喫茶店がたくさんできたのでしょうね。▼

上野 純喫茶 丘

地下の店なので店内の様子を写真で見せています。

周りはステンドグラスです。これまた豪華ですね。▼

上野 純喫茶 丘

お店への階段には古城に負けじと?豪華なシャンデリアが下がっています。

その天井はモールディング、壁は鏡と木の市松模様、店名サインの横にはステングラス、その額縁は木彫です。

上野 純喫茶 丘

下からも見てみましょう。▼

上野 純喫茶 丘


店内

元々は音楽喫茶だったのでしょうか。珈琲音楽の文字がかなり取れていますが、扉についていました。▼

上野 純喫茶 丘

地下なので暗めの店内です。▼

上野 純喫茶 丘

店内に入ると更に地下へ降りる階段があります。その階段にも豪華なシャンデリアがぶら下がっています。このシャンデリアは入り口のものより更に大きくて豪華です。壁はミラー貼りです。

現在地下のスペースは使っていないようです。▼

上野 純喫茶 丘

豪華なシャンデリアですね。▼

上野 純喫茶 丘

お店の中央にも少し小ぶりのシャンデリアが円形に折り上げた天井に設置されています。

ムーディーなオレンジ色の光が昭和レトロな雰囲気を盛り上げます。壁面にはステンドグラスがあります。

丘は店名のフォント、豪華なシャンデリアとオレンジ色の照明、ヨーロッパ調のステンドグラスと昭和レトロ純喫茶の要素が全て詰まっています。▼

上野 純喫茶 丘

メニュー

みやすくてスタンダードなメニューです。▼

上野 純喫茶 丘 メニュー



オーダー

オーダーしたのはハムサンドとコーヒー、そしてウィンナコーヒーとレアチーズケーキです。

ハムサンドは塩が一緒に出てくるのがレトロ喫茶らしいです。きゅうりの歯応えがアクセントのマヨネーズ味の美味しいサンドイッチでした。▼

上野 純喫茶 丘 ハムサンド

ウィンナコーヒーは生クリームがたっぷりです。レアチーズケーキにも生クリームがたっぷりでした。

歩き疲れて入ったお店だったのでこの甘みが嬉しい。▼

上野 純喫茶 丘 ウィンナコーヒーとレアチーズケーキ

ポイント

とにかく、昭和レトロの純喫茶の要素が全て詰まっています。

漢字になってもアルファベットになっても長体のかかったこの明朝のフォント。Tシャツにして着たいくらいです。▼

上野 純喫茶 丘

豪華なシャンデリアにその周りのしつらえにも一切手を抜かないのも昭和レトロです。

天井のモールディングとシャンデリアと壁の木とミラーの張分けなんてめちゃくちゃ手が込んでいます。

上野 純喫茶 丘

ステンドグラスと木彫の組み合わせ。

実はサンプルケースも置いてあったりするんですが、霞むくらい内装が凝っています。▼

上野 純喫茶 丘


立地

上野駅と御徒町の間です。王城からは徒歩2分くらいです。

さっと店内に入らずに入り口からじっくりみてください。レトロポイントがいっぱいです。

台東区上野6丁目5−3 MAP

コメントを残す