上野 珈琲王城でナポリタンを

店構え

上野の古城をその1その2と2回にわたって紹介しましたが、次は上野の王城です。

古城が創業創業1963年で、こちらの珈琲王城が1970年です。古城を意識してのネーミングなのでしょうか。

古城と違って路面店なので店構えはレンガのファサードでお城感がある佇まいです。▼

上野 珈琲王城

こちらの木製の看板は近年作り直したものですね。新しくて綺麗です。▼

上野 珈琲王城


店内

近年改装をされたそうですが、お城のようなゴージャスなシャンデリアが中央にデーン!とぶら下がっています。

シャンデリア周りのモールディングもレトロ感たっぷりでいいですね。照明がオレンジ系なのはもう当然でしょうね。

上野 珈琲王城

椅子の素材のベルベットも模様もレトロな雰囲気を盛り上げます。▼

上野 珈琲王城

メニュー

喫茶店ですから、当然モーニングメニューもあります。トーストの厚焼きに対して普通焼きっていうのがいいですね。

この日はすっかり午後だったのでモーニングメニューは断念です。▼

上野 珈琲王城

王城ソーダっていうオリジナルメニューもあります。

創業当時のレトロな看板の紫色をイメージしたオリジナルソーダということですが、何味なのか書かれていません。普通に考えてぶどうなのかな?▼

上野 珈琲王城

軽食メニューです。

トーストにサンドイッチ、ピザまでありますね。▼

上野 珈琲王城

食事系のセットメニューです。▼

上野 珈琲王城

デザートも充実しています。▼

上野 珈琲王城

漢方のジュースもあります。

上野 珈琲王城



オーダー

ランチがまだだったので、ナポリタンをオーダーしました。

この「王城」と明朝体で書かれた紙ナプキンがいいですね。▼

上野 珈琲王城 ナポリタン

山盛りですけれどこちら普通盛りです。

太めのスパゲティに絡んだケチャップが美味しい。

これぞ喫茶店のナポリタンです。あっという間に完食してしまいました。▼

上野 珈琲王城 ナポリタン

こちらは自家製ミートソーススパゲティです。

たっぷりソースにこちらも太麺のスパゲティで食べ応えありの一品です。▼

上野 珈琲王城 ミートソース

セットの飲み物はホットコーヒーとアイスレモンティーにしました。

王城のホットコーヒーはオーダーすると先にカップがテーブルに置かれます。

あれ、空なんですけどーと思いますが、待っててください。次に銀のポットと共にウィエトレスさんがやって来て、テーブルに置かれたカップを再度盆に載せて銀のポットからコーヒーを注いでソーサーに戻してくれます。

この一連の所作が優秀な執事にコーヒーを入れてもらうお城の主人のような気分に浸れるのです。これこそが「王城」なのでしょうか。

上野 珈琲王城 ホットコーヒー

ポイント

純喫茶やレトロ喫茶では暗めの照明が多いのですが、王城は路面店なので店内は明るく開放的です。

更に禁煙でクリーンなので女性の1人でも入りやすい純喫茶です。ただ、週末は行列ができるほどなので長居はできません。店員さんのテキパキとした動きを見ていると尚更です。食事を済ませて一息ついたら外で待ってる人に席を譲らなくちゃという気持ちになります。

上野 珈琲王城 アイスティー


立地

上野駅と御徒町の中間地点くらいにあります。路面店なのでわかりやすいです。

珈琲王城

台東区上野6丁目8−15 MAP

コメントを残す