広尾 ひっそり佇む訪問難易度高めな Cafe Crane/カフェクレインでソーダ水を

立地と歴史

明治通り沿いで、広尾駅と恵比寿駅のちょうど中間地点の恵比寿橋の近くにある昭和最後の年、昭和62年(1987年)創業のCafe Crane/カフェクレインは、ご夫婦2人で営まれているサイフォン式コーヒーを出す昭和レトロでとっても落ち着く喫茶店です。

朝日広尾マンションという大型マンションの1階の路面店で、このマンションの竣工が1987年ですから、マンションと同時に開業した喫茶店です。

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン


店構え

▼写真は店内側からの写真ですが、ガラスに貼られたステンドグラス調の目隠しシートが昭和レトロでいい感じです。

昔はこんな感じのシートを貼ってる窓をよく見かけた気がしますが、最近はなかなかお目にかかれませんね。

本当はもっと色が濃かったけれど経年劣化で色が褪せて、それがキラキラのマチエールに見えて雰囲気あるなぁと思いました。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

店内

店内は全体的に木でしつらえてあります。

壁のレンガ調に貼られた木は木風ではなく、本物の木です。

テーブルの一本足とカウンターのスツールの脚がおそろいです。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

エジプト調の絵や鍛金のレリーフなどオーナーご夫婦の趣味でしょうか。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

「information」ボードがいいですね。もともとはここに色々掲示していた名残があります。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン



メニュー

メニューはシンプルな喫茶店メニューです。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

お値段も広尾と恵比寿という立地を考えればお手頃です。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

オーダー

サイフォンで丁寧に挿れたブレンドです。すっきりとした味わいの珈琲でした。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

私はソーダ水を。木製コースターがいい感じです。

あんまり出ないメニューなのか、私がオーダーした後ママさんがメニューを見て値段を確認していました。

クリームソーダはよく出るけれどソーダ水ってオーダーする人少ないんでしょうね。

でも私はソーダ水派です。

高崎のコンパルでもソーダ水をオーダーしたら「クリームソーダじゃなくて?」と確認されたことを思い出しました。▼

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン

ポイント

実はすごく近所だし、前を何度も通っているのですが、初訪問でした。

というのもこの喫茶店、土日祝日は休みです。

ママさんによると「おじいさんとおばあさんでやってるから平日のだいたい10時頃から始めて、3時か4時には閉めちゃうの」ということでした。

営業時間的に難易度高めですが、開いていたら入る!がいいかもしれません。

広尾 Cafe Crane/カフェクレイン


近所にこんな超レアなレトロ喫茶があるって嬉しい!

今度は食事メニューにトライしてみようっと。

Cafe Crane/カフェクレイン

渋谷区広尾1丁目11−5 MAP

コメントを残す