有楽町 中国料理 宝龍でラーメン半チャーハンを

立地

JR有楽町駅の高架下にある中国料理の店です。

場所柄多くの人が訪れて、さっと食べてさっと帰るという流れが出来ています。

食べ終えて数秒で有楽町の駅の改札を通過する事ができるのですから、客足は途絶えないわけです。

有楽町 宝龍


店構え

ザ昭和な中華屋さんの店構えです。

店名も日本全国に何軒同じ名前の中華料理屋さんがあるでしょうか、というどこをとってもスタンダードな昭和レトロなお店です。

サンプルケースはやや新しめですが、ちゃんとサンプルを置いているのがいいですね。▼

有楽町 中国料理 宝龍

この文字だけのシンプルなメニューも何故か昭和を感じてしまいます。

有楽町 中国料理 宝龍

店内

高架下なので横に長細い店内です。

厨房の前がカウンター席、後はテーブル席が並びます。

ホール担当のスタッフは本場の方、もしかしたら厨房の中の料理人の方々も本場の方かもしれません。▼

有楽町 中国料理 宝龍



メニュー

たくさんメニューがあります。迷ってしまいますね。

麺類も炒飯も食べたいなぁ。そんな時は半チャーハンセットです。▼

有楽町 中国料理 宝龍

オーダー

オーダーしたのはたかな塩ラーメンセットです。

高菜とコーンがたっぷりの塩ラーメンに半チャーハンがついてきます。

炒飯は卵多めのパラパラ系。全体的にここの料理は味付けが濃いめな印象です。▼

有楽町 中国料理 宝龍

焼き餃子もオーダーしてみました。

焼き目こんがりで良い感じです。

餃子のサイズはやや大きめで皮はパリパリ中はジューシー。これだけで白米バンバンいけちゃう一品です。▼

有楽町 中国料理 宝龍 焼き餃子


ポイント

創業から50年以上この地で営業している老舗の中華屋さんです。

味は全体的にやや濃いめ。ボリュームがあって食べ応え満点です。

立地は有楽町の高架下でとんでもなく駅近です。群雄割拠の有楽町の駅前で半世紀ですから美味しくないわけありません。

そしてとってもスピーディーなので急ぎの時でもすぐに食べられます。この店のポイントは立地の良さと50年以上のベテランの味です。

有楽町には元石材屋さんが始めた石造りの喫茶店ストーンや、これまたオーダーしたものが秒で出てくる喫茶ローヤルなど個性的な店が多くて、これからも足繁く通いたい場所の一つです。

 

中国料理 宝龍

千代田区有楽町2丁目9−16 MAP

コメントを残す