新宿 天井からステンドグラスが降り注ぐ 珈琲西武

立地と歴史

新宿駅東口から徒歩3分ほどのビルの2階と3階にあるレトロな老舗喫茶店です。創業は東京オリンピックが開催された1964年です。新宿の老舗喫茶名曲・喫茶らんぶる、珈琲の店ピースに続いて古い喫茶店です。(私調べ)名曲・喫茶らんぶるの詳細はコチラから!珈琲の店ピースの詳細はコチラから!

ここもこれまでに何回訪問したか覚えてないくらい来ていますが、今回おそらく10年ぶりくらいの訪問だと思います。

新宿 珈琲西武


店構え

ビルの2階3階なので店構えらしい店構えはありません。1階にこのようなサンプルケースがありますので、それが目印です。▼

新宿 珈琲西武

店内

大きくL字型の店内で、入って左側が窓際です。中央の天井に2カ所アーチ型のステンドグラスが設置されています。

新宿で夜遅くなっても珈琲が飲める場所という位置付けの珈琲西武なので、実は昼間に行くのは初訪問かもしれません。

2階のエントランスから入るとこんな感じの見え方です。▼

新宿 珈琲西武

ボタンタフティングされた赤いベルベットのベンチシートは昭和レトロを象徴するようなですね。ランプ型の照明もいい感じです。▼

新宿 珈琲西武

青山一丁目にある喫茶店エルグレコや上野の高級純喫茶古城のステンドグラスは、壁面に設置されており、人物を描いたものでしたが、ここのステンドグラスはなんと天井から降り注ぐように設置されている抽象的な文様です。そう言えばエルグレコも赤い椅子だったけれど、やっぱりステンドグラスと赤い椅子って鉄板ですね。

青山一丁目のエルグレコについての詳細情報はコチラから!上野の高級純喫茶古城の詳細情報はコチラ

2カ所の天井ステンドグラスが両方見える特等席です▼

新宿 珈琲西武



メニュー

モーニング目当てに訪問しました。モーニングをやっているかどうかは外にこのような看板が出ているのですぐにわかります。▼

新宿 珈琲西武

通常のドリンクメニュー▼

新宿 珈琲西武

フードメニューとモーニングメニュー、ランチメニューです▼

新宿 珈琲西武

スイーツのメニューも豊富です。1300円の自家製プリンアラモードが人気メニューのようです。▼

新宿 珈琲西武

オーダー

モーニングセットのAとBをオーダーしました。まずはホットコーヒーから。▼

新宿 珈琲西武

写真右上がモーニングセットAです。左下がモーニングセットBになります。▼

新宿 珈琲西武

モーニングセットAはトーストが食べ放題です。しかし、訪問したのがモーニングタイムの終わりが近づいていたため、追加ができないので、最初に何枚にするかを聞かれました。まぁ、朝から2枚以上は食べ過ぎですよね。ということでトーストは食パン2枚分です。▼

新宿 珈琲西武

コチラはモーニングセットBのホットサンドです。レタスとトマト、ハムが入っています。ボリューム満点。▼

新宿 珈琲西武


ポイント

現在はコロナウィルス感染拡大防止のため営業時間を20時までの短縮となっていますが、通常は朝7:30から23:30まで営業しています。分煙になっているので、喫煙者でない方でも安心して訪問できるレトロな純喫茶です。久しぶりに行ってみたけど、店員さんの動きはテキパキしていて気持ちいいし、モーニングはお得だし、そりゃ2号店を出しますよね。

2019年9月に本店とそっくりな内装で珈琲西武2号店がオープンしました。そっちもいつか行ってみたいけれど、やっぱり私は本店派ですね。

珈琲西武

新宿区新宿3丁目34−9 2・3F メトロビル MAP

コメントを残す