曳舟 元祖焼うどんが名物の珈琲ジローでホットケーキを

京成曳舟駅と東武曳舟駅の中間でそれぞれの駅から徒歩5分ほどの場所にある昭和レトロな喫茶店、珈琲ジローは、フードメニューも充実しているお食事・喫茶です。珈琲ジローは、創業50年くらいでマスター30歳の時に開業したんだそうです。

店構え

お店に「元祖焼うどん」の文字が見えますね。珈琲と焼うどんってなかなかオリジナルな組み合わせです。店頭にタバコの販売機があって、外で吸えるように灰皿も設置されています。こうやってみるとだったら店内は禁煙かなと思いますが、いいえ、違います。店内もガッツリ喫煙OKです。


店内

店内は長細く一番奥に厨房があり、その手前にテーブル席が並びます。店内のインテリアはウッディで厨房内の食器棚まで同一テイストになっています。店内に飾られる鍛金のレリーフのモチーフは珈琲豆の収穫の様子を描いたものです。▼

一番手前の席はなんとテーブルゲーム機です。この感じ昭和の喫茶店ではよく見られた光景ですが、最近はなかなかお目にかかれないですね。と思ってましたが、この後訪問した純喫茶キャノンにはもっとたくさんテーブルゲーム機がありました。さすが曳舟!▼

メニュー

いわゆる手元で見るメニュー表はありません。壁の案内を見てねということでした。

昭和レトロな喫茶店でありがちな可愛い誤字が2ヶ所もありますね。コーラーとレモンカッシュです。コーラーは2回出てくるので間違っているとは思ってないのかな。まぁ伝わればいいんです。別に。レモンカッシュの下のオレンジスカッシュも気になるメニューですね。ありそうで、なかなかお目にかかれないメニューです。▼

食事メニューは店内にはここ1ヶ所しか貼られてないので、席によっては見えづらいので入店前に外の看板を確認しましょう。▼

太麺ナポリタンが珈琲付きで750円なんてコスパ良いですね。フレッシュジュース以外に店内にはスムージーもありました。スムージーは600円です。スムージーはイチゴとバナナで、2種類あるのか、イチゴとバナナが混ざっているのか謎です。次回訪問することがあればこの辺りの謎を解き明かしていきたいと思います。▼

曳舟 珈琲ジロー



オーダー

色々迷ったのですが、オーダーしたのはホットケーキセットとケーキセットです。ケーキはレアチーズケーキでセットの飲み物はアイスコーヒーにしました。

パンケーキではなくてホットケーキというところが家庭的で昭和レトロな喫茶店らしくていいですね。▼

外苑前のカフェ香咲もパンケーキではなくホットケーキが美味しい喫茶店です。

曳舟 珈琲ジロー

お店はご夫婦で切り盛りされています。そここに奥様の趣味?と思われるお花や押し花で描いた絵が飾ってあります。▼

曳舟 珈琲ジロー

レアチーズケーキに乗っているママレードは自家製ジャムかな?聞きそびれました。▼

曳舟 珈琲ジロー

ポイント

厨房前の席は完全にオーナーご夫婦のリビング状態でした。

漫画や雑誌、新聞がおいてあり、近所の常連さんにとってももう一つのリビングといったポジションなのではないでしょうか。

また、1955年開業の神田のシャンソン喫茶から始まったチエーン店「自家焙煎ジロー珈琲」とは特に関係はないようです。もしかしたら、シャンソン喫茶の時代は何か関係があったのかもしれませんが、現在自家焙煎ジロー珈琲の方は運営会社が1994年に小田急グループの傘下になっているので、資本的な繋がりはないようです。

曳舟 珈琲ジロー


東武曳舟駅のホーム沿いにあるはなやも喫煙OKで喫茶店だけどお食事が充実しているお店です。

珈琲ジロー

墨田区東向島2丁目31−19 MAP

コメントを残す