鎌倉 東慶寺山門の中にある雰囲気抜群の喫茶吉野

北鎌倉から徒歩5分ほどの場所にある東慶寺の門を入ってすぐのところにあるお寺の中のとっても素敵な昭和レトロな喫茶店です。

鎌倉 東慶寺

立地と歴史

喫茶吉野の創業は1980年。すでに40年以上になる北鎌倉の老舗喫茶店です。東慶寺の門の中にお店を構えているので、ちょっとわかりにくいかもしれません。車の往来の多い駅からの通りから東慶寺の門を入り、長い石の階段の手前を左に入ると喫茶吉野です。

お隣には普通の民家があってこの民家も喫茶吉野も東慶寺と何か関係があるでしょうか。だってお寺の門の中なのですから。

東慶寺の石段の途中で木々の間から垣間見える喫茶吉野▼

喫茶吉野


店構え

階段脇には、看板があって、その横には鉢植えが置かれて、とても素敵な雰囲気がこの案内だけでも伝わります。

お店は屋根の形状と瓦が特徴的な佇まいです。少し奥まったところに建っているので、店の入口までのアプローチもなんだか素敵です。

喫茶吉野

お店の入口横にテラス席が2席ほどあります。季節の良い時はこの席も気持ちよさそうです。

入店時には誰もいませんでしたが、帰るときには男性の欧米系外国人の方が1人でコーヒーを飲んでいました。瓦屋根の喫茶吉野の佇まいは外国人の方にもたまらないでしょうね。▼

喫茶吉野

店内

店内は、入口から入って左側に厨房。手前はタフティングされたソファ席が並びます。奥のサンルームのようなスペースにも席があります。

サンルームの方は光が入って明るいのですが、手前はウッディでちょっと照度低めのとっても大人な落ち着いた雰囲気です。

手前の部屋は天井も壁も床も全部木です。

喫茶吉野

サンルームの方は、床はレンガで全面窓ガラスなのでとても明るく開放的です。▼

喫茶吉野

サンルームの席▼

喫茶吉野



メニュー

メニューはドリンクとケーキ類のみで軽食などはありません。やっぱり珈琲とケーキのセットメニューが魅力的ですね。▼

喫茶吉野

オーダー

オーダーしたのは、ブレンドとパウンドケーキのセットとアメリカンとフルーツケーキのセットです。

パウンドケーキはとってもしっとりとしていて、厚切りなのが嬉しいですね。

フルーツケーキはドライフルーツがぎっしりの大人のケーキです。生クリームをつけるかどうかはオーダーの時に確認されます。二つ返事で生クリーム付きをお願いしました。

喫茶吉野

こちらはサイフォンで挿れたブレンド珈琲です。お寺のカフェだけどこんなにも珈琲が美味しいなんて、ちょっと意外です。▼

喫茶吉野


ケーキも珈琲もとっても美味しかったです。ご馳走様でした。

ポイント

東慶寺は鎌倉時代の弘安8年(1285年)に開創された臨済宗円覚寺派の寺院です。女性から離婚できなかった封建時代に、東慶寺に駆け込めば離縁ができると、明治に至るまで実に600年の間、女人救済の縁切り寺だったのです。

ですから、かつては男子禁制の寺として、寺への出入りが厳しく取りしまわれていました。

戦後は花の寺として境内を整備し、現在は多くの参拝客を迎え入れています。

そんなお寺の片隅にひっそりと佇む喫茶吉野はもちろん、縁切り寺時代ではなく昭和になってからの創業ですが、なんとも言えない落ち着いた、あの淑女のような雰囲気は、東慶寺の長い長い歴史に関係があるかもしれません。

基本情報

店名 喫茶吉野
住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1379 MAP
最寄駅 北鎌倉駅徒歩約5分
定休日 不定休
営業時間 10:00 – 16:30
禁煙・喫煙 全席禁煙

営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。

コメントを残す