谷中 復活した大正5年の古民家喫茶店 カヤバ珈琲

1938年創業のカヤバ珈琲は、谷中の町のシンボルとして多くの人に親しまれていましたが、2006(平成18年)に惜しまれつつ閉店してしまいました。

しかし、2008年に再生復活したレトロな古民家喫茶です。

カヤバ珈琲

カヤバ珈琲復活の歴史

 カヤバ珈琲は、推定1916年(大正5年)の建設以降、ミルクホール、かき氷・あんみつ店、などを経て1938年(昭和13年)に「カヤバ珈琲店」となり、 谷中のシンボルとして、地域住民の方々をはじめ、近隣にある東京芸大関係者など、 幅広い層に長年親しまれたお店でした。

しかし、2006(平成18年)に閉店してしまいました。しかし、この喫茶店の復活を願った方々の支援によって、2008年(平成20年)に、NPO法人たいとう歴史都市研究会が借り受けて、新たな運営者によって現在のカヤバ珈琲が復活しました。

カヤバ珈琲の再生復活には、カヤバ珈琲から日暮里駅方面に2分ほど歩いたところにある、元銭湯をリノベーションした現代美術のギャラリーSCAI THE BATHHOUSEのオーナー白石正美さんの力も大きかったと言われています。

SCAI THE BATHHOUSE

調べきれなかったのですが、現在カヤバ珈琲の運営をしているのが現代美術株式会社という会社なので、もしかしたら白石さんの関係する会社なのかもしれません。

私の喫茶店巡りは常にアートや建築巡りとセットで行っているのですが、カヤバ珈琲はSCAI THE BATHHOUSEとのセット訪問です。

ただ、近年カヤバ珈琲はいつも行列ができているので足が遠のいていましたが久しぶりにギャラリーの帰りに立ち寄ってみました。

カヤバ珈琲

永山祐子デザイン

店舗の改修設計デザインは、建築家の永山裕子さんです。外観に関しては極力建設当時の姿を残したままになっています。2008年に再生復活してからすでに13年が経ちました。2020年5月にリニューアルオープンしたので再び訪問してみました。

どこがどう変わったかというと、ぱっと見そんなに大きな変化はありませんでした。一番わかりやすいのは、入口扉から入って右側にもテーブル席があったのですが、そこがカウンターになっていました。

あとは天井です。以前は天井が黒いガラス張りでしたが、今回普通の木の天井に変わっていました。▼

カヤバ珈琲

右側にはテーブル席がありましたが、現在はカウンターです。

左側のカウンター部分は以前と同じでした。▼

カヤバ珈琲

カヤバ珈琲は2階建てて、2階にも席があるのですが、お座敷席なので靴を脱いで上に上がります。

私は靴を脱ぐのが面倒なので2階席に行ったことがありません。ですから、2階のリニューアルにについてはわかりません。

2階への階段▼

カヤバ珈琲

メニューもリニューアル

リニューアルされたのは、店舗空間だけではありませんでした。メニューも変わっていました。

以前のメニューにはイラストがついていたのですが、今回は文字だけのメニュー表になっていました。

ただ、看板メニューのたまごサンドは健在です。▼

カヤバ珈琲

カスタードプリンとアフォガードは、前はなかった気がします。▼

カヤバ珈琲

旧カヤバ時代の名物メニューのルシアンは健在!

それから以前はオーツミルクはなかった気がします。時代ですね。▼

カヤバ珈琲

コーラが伊良クラフトコーラになっていますね。あとは変わってないかな。▼

カヤバ珈琲



ルシアンとたまごサンド

オーダーは、コーヒーとルシアンです。写真の上がコーヒー、下がルシアンです。

ルシアンは旧カヤバ珈琲時代の名物メニューで、コーヒーとココアが半分づつ入ったドリンクです。

本当にコーヒーとココアの味がどちらが勝つでもなくいい感じに混じり合っています。▼

カヤバ珈琲

そして、看板メニューのたまごサンド!これは大きく変更になりましたね。まず価格が500円から2倍の1000円に。

そのかわり、スープとサラダがついていて、更に更にお箸まで!(当たり前)完全にちゃんとした食事メニューに昇格していました。

パンも普通の食パンからサワードゥになりました。サワードゥの爽やかな味とたまごのほんわかした甘味がいい感じのハーモニーを奏でます。美味しい。▼

カヤバ珈琲

下の写真が▼リニューアル前のたまごサンド(下)500円とたまごトースト(上)450円です。

全然違いますね。以前は喫茶店のサイドメニューの色が濃かったけれど、現在はボリュームも値段もきっちりと食事メニューになりました。以前のたまごサンドも捨てがたいけれど、サラダとスープがつくのはありがたいです。

きっとたまごトーストもたまごサンド同様にサラダとスープがつくんじゃないかな。

カヤバ珈琲

ギャラリー巡りとカヤバ珈琲

私は、日暮里駅から歩いてSCAI THE BATHHOUSEに行ってその帰りにカヤバ珈琲でルシアンとたまごサンドを食べるのが定番です。そしてそのまま根津駅か、あるいは上野駅まで歩いて帰ります。

ルシアンはここでしか飲めないので、ついついオーダーしちゃうんですよね。

空間もメニューも新しくなったけれど、カヤバ珈琲の古き良き雰囲気とルシアンは、ちゃんと健在で安心しました。▼

カヤバ珈琲


基本情報

店名 カヤバ珈琲
住所 東京都台東区谷中6丁目1−29 MAP
最寄駅 JR日暮里駅徒歩10分、地下鉄千代田線根津駅徒歩10分
定休日 無休
営業時間 8:00 – 18:00 (土日は19:00まで)
禁煙・喫煙 全席禁煙

営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。

コメントを残す