銀座 中銀カプセルタワービル下の地下駐車場に突然現れる不思議なお店 中国料理 帝里加

解体工事を開始した黒川紀章のメタボリズム建築「中銀カプセルタワービル」の真下にある地下、汐留駐車場に突然現れる中華料理の帝里加をご存じでしょうか。帝里加と書いてデリカと読みます。なんと、ここ米津玄師の「Flamingo」のMVに登場する中華料理店として全国的に有名なのです。

首都高速道路の地下にある巨大駐車場に燦然と輝く赤提灯は、ブレードランナーの世界観。しかもメニューは多種多様、ボリューム満点ですから、ランチタイムには行列ができることもあります。そんな人気店帝里加の魅力に迫ります。

立地と歴史

立地が一番の特徴かもしれません。地下にある中華料理店なんて山ほどあるけれど、ここは普通の地下ではありません。中央区銀座と港区新橋にまたがる巨大な地下駐車場です。

中央区と港区の二つの区の境がこの駐車場の中に存在します。帝里加がある場所は中央区銀座にあたりますので、嘘偽りなく”銀座の中華料理店”です。

創業がいつからなのかがわかりませんでした。もしかしたら、平成初期の可能性があります。でも、立地と店構えが昭和観バリバリなので特別にこのブログでも取り上げたいと思います。

海岸通り沿いにある駐車場への階段の前にあるメニューとのぼりです。▼

一番、帝里加に近い階段は第4階段です。▼

階段を降りると、このような看板がお店まで誘導してくれるので、迷うことはありません。▼


店構え

店舗の前には、赤い提灯が並んでいます。「Flamingo」のPVではこの提灯の前を米津玄師がゆらゆらと踊りながら通っていきます。▼

お店には、階段を数段登って入っていきます。入店する前に、階段の上の左側にある券売機で食券を購入します。

食券を購入するのに時間がかかり、その行列が店舗の外まで続いていることがありますが、店内はとても広いので、だいたい座れます。▼

店内

店内は、入り口の印象とは違ってとても広いです。奥までテーブル席が続きます。

写真の炊飯器の前の席に米津玄師は(PVで)座っていました。▼

なんと、ホール担当は中国人の女性スタッフ一人です。ですから、食券制でお金のやり取りはありません。

また、席に着くとお茶は各テーブルに用意済みなので、コップに注ぐのはセルフです。

箸も消毒液も薬味もティッシュも全部セットされています。それでも、広い店内にホール担当がたった一人ですから、昼時は戦争です。

だって、驚くべきことに厨房は二人なんです。この広い店内、この豊富なメニューを厨房二人、ホール一人でこなすって神技ですよね。

ですから、少々メニューの到着が遅れてもそれは仕方がありません。▼



メニュー

メニューは日替わりランチがA、B、Eの3種類。CとDはどこいった?

日替わり以外にもこんなにたくさんメニューがあります。はっきり言って迷います。▼

定食メニューもこんなにたくさん!ご飯のおかわりは有料です。▼

オーダー

オーダーしたのは、麻婆豆腐とラーメンセットと冷やし中華です。冷やし中華は、チキン、チャーシュー、エビと豪華3点盛りで、醤油ベースのとってもスタンダードな味でした。これで800円!▼

まさかの麻婆豆腐もラーメンもフルサイズです。これはすごい。しかも銀座で850円!!

このメニューは、めちゃくちゃ満腹になりました。▼

ポイント

大満足でお店を出る時に、この光景▼ あ、ここ駐車場だったんだ!ってなります。

ほらね。▼

もう一つのポイントは、冒頭に書いた通り、帝里加に近い地下への出入り口には、昭和の名建築黒川紀章の中銀カプセルタワービルが聳え立っています。

しかし、残念ながら2022年のうちにその姿は見られなくなってしまいます。

昭和の名建築と不思議な地下駐車場のブレードランナー的なコスパ最強の中国料理をセットで楽しめるのもあとわずかです。

中銀カプセルタワー見学と帝里加のセットおすすめですよ!ただし、日曜は定休、ランチ営業のみなのでご注意を。


基本情報

店名 中国料理 帝里加(デリカ)
住所  東京都中央区銀座8丁目21−16先 地下1階 汐留駐車場 MAP
最寄駅 築地市場駅A3出口徒歩3分、汐留駅徒歩8分
定休日 日曜
営業時間 11:00 – 14:30
禁煙・喫煙 全席禁煙

営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。

コメントを残す