上野 安藤忠雄設計 国際子ども図書館にあるカフェ ベルでランチ

田口トモロオヲと池田エライザによるテレビドラマ「名建築で昼食を」にもでてきた上野にある国際子ども図書館内のカフェテリアです。

この図書館は増築部分をあの安藤忠雄が手がけたことでも有名です。

カフェ ベル自体はそんなに古いカフェではありませんが、レンガの建築が歴史ある建物なのでこのブログでも取り上げます。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

立地と歴史

上野駅から徒歩で約10分ほど、東京芸術大学の後方で東京国立博物館の横にある国立の図書館です。

国立国会図書館国際子ども図書館の建物は、帝国図書館として1906(明治39)年3月に竣工しました。ですから、裕に100年超えの名建築なのです。

戦後は国立国会図書館支部上野図書館として使用されていました。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

2000(平成12)年に安藤忠雄による増築及び改修が行われ国立国会図書館国際子ども図書館となりました。

旧建物の内外装の意匠と構造をできるだけ生かしつつ、2つのガラスボックスが既存の建物を貫くイメージで増築が行われました。
 
レンガ棟は現在、東京都の「歴史的建造物」に選定されています。
 

店構え

図書館内のカフェテリアなので、店構えらしい店構えはありません。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

図書館のレンガ棟の裏手にある中庭のテラス席と店内の席があります。▲

季節よっては中庭のテラス席がいいですね。

店内

店内はガラス張りで開放的ですが、ちょっと暑かった。

カフェ内から安藤忠雄らしい増築されたガラスの建築がよく見えます。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

グリーンのテーブルと椅子がちょっとレトロで素敵です。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

こちら側からはブロンズの彫刻が見えます。▲

カフェテリアは子供がいっぱいかと思ったけれど、むしろ大人のほうが多くて、カフェテリアでのランチ目的に来てる人が多いのに驚きました。



メニュー

カフェベルは食券形式でいわゆるメニュー表がなかったので写真はありません。

上野で格安でランチが食べられるということで想定よりも賑わっていて驚きました。

そして、ショックだったのは食べる気満々だったナポリタンが既に売り切れていたことです。

どうしてもナポリタンを食べたい場合は早めに行ったほうが確実ですね。

オーダー

ナポリタンが売り切れのショックから立ち直り、2人でサンドウィッチとメロンソーダ、カレーハンバーグとアイスコーヒーのセットです。安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

メロンソーダを頼んだのは、このテーブルと椅子に合わせてです。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

食事をしようとしたけれど、やっぱり店内が暑かったので、外のテラス席へ移動しました。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル

食券形式なのでお冷やも片付けるのもセルフサービスです。

ポイント

グリーンの椅子とテーブルがすごくかわいいのですが、それは店内だけです。

テラス席だと白いテーブルになります。

安藤忠雄設計 国際子ども図書館 カフェベル


もう一つのポイントはナポリタンは売り切れることもあるということです。

次回リベンジしたい!

とにかく学食並みにお値段は安いのでお財布に優しいカフェテリアです。

基本情報

店名 カフェ ベル
住所 台東区上野公園12−49 国立国会図書館国際子ども図書館   MAP
最寄駅 上野駅徒歩約10分、鶯谷駅徒歩12約
定休日 月曜
営業時間 9:30 – 17:00
禁煙・喫煙 全席禁煙

営業時間、定休日などは変更になる可能性があります。


コメントを残す