赤坂 近代的なビルに残る昭和 喫茶パンジー

赤坂通りに面した1964年(昭和39年)創業の喫茶店パンジーは昭和レトロ全開なロゴを見ただけでワクワクする喫茶店です。

店構え

前面ガラス張りでシンプルな店構えです。大きなゴムの木と悶えるくらい可愛いフォントの喫茶パンジーの看板が目印です。

赤坂 喫茶パンジー

ひいてみると、ガラス張りの近代的なオフィスビルの1階にあります。このビルの外観からは想像できない喫茶店です。

赤坂 喫茶パンジー


店内

パンジーの文字が黄金に輝く扉を開けるとそこは赤坂とは思えない昭和な空気の流れるお店です。

赤坂のこんな一等地にこのようなお店が未だに残ってる奇跡。

もちろん喫煙OK店なので、お客さんの9割が喫煙者です。テーブルには当然のように最初から灰皿が置いてあります。

一本脚のテーブルは古そうですが、椅子はビルの建て替えの時に新しくしたものでしょうか。平成感が漂います。しかも微妙なデザインなのがちょっと残念です。

ただ窓にかかるベージュピンクのレースのカーテンは店内に昭和な雰囲気を醸し出すポイントです。

赤坂 喫茶パンジー

レジはすでにアンティークです。パンジーのロゴは版下でしょうか。

赤坂 喫茶パンジー

揺れるレースのカーテンから透ける「coffeeパンジー」の文字。たまらない光景です。▼

赤坂 喫茶パンジー

メニュー

ドリンクメニューは喫茶店の王道です。ポツリポツリと書かれたイラストが可愛い。▼

赤坂 喫茶パンジー

フードメニューは、トースト、サンドイッチ、ホットサンドイッチ、各々種類があるのでなかなか充実しています。▼

赤坂 喫茶パンジー



オーダー

こういう昭和タイムスリップな空間ではレモンスカッシュです。

オーダーしたら店員さんが厨房に向かって「レスカワン!」と言っていたのがたまりませんでした。

ビルは近代的だし場所も赤坂だけれど、この店の空気は確実に昭和です。▼

赤坂 喫茶パンジー

こちらは「アイス!」ことアイスコーヒーです。なみなみ入っています▼

赤坂 喫茶パンジー

そして、頼んでしまった海苔トースト。

要するに磯部焼きのトーストバージョンですが、西洋と東洋の奇跡のコラボメニューですね。

醤油と海苔の味が美味しい。スティック状なのも食べやすくていいですね。

添えられたパセリも昭和です。▼

赤坂 喫茶パンジー

ポイント

昭和が懐かしくなったらこういうお店に来ればいいのです。

建て替え前のパンジーってどんな感じだったのだろう。そのまま残っていればもっといい感じだったでしょうね。

ビルは建て替えられて近代的な顔をしていますが、喫茶パンジーは赤坂に残された貴重な昭和レトロスポットです。

レジを守るおじいちゃんひっくるめて喫茶パンジーですね。

赤坂 喫茶パンジー


喫茶パンジー

港区赤坂2丁目6−24 MAP

コメントを残す